GAKUMON

人生の漆塗り日記

米軍基地移設について

今日はちょっと、せこいがグリーンピースからのメールを丸々引用。

〜〜〜〜〜〜〜ここから〜〜〜〜〜〜〜〜〜
沖縄本島の北部に位置する辺野古(へのこ)の海は様々な種類のサンゴ礁や希
少なクマノミ、国の天然記念物であるジュゴンなど様々な動植物によって構成
される豊かな生態系を有しています。
しかし現在、海兵隊普天間飛行場の代替施設として辺野古に建設が予定されて
いる米軍基地は、この貴重な自然を破壊してしまうものです。

私たちグリーンピースは、この建設計画を止めるため、今年3月には、キャン
ペーン船"虹の戦士号"を辺野古に派遣。世界に向けてこの問題の重要性を発信
し、その後、現地の座り込み行動へのボランティアの参加など、現地や東京の
団体とも連携しつつ様々な活動を行ってきました。米軍基地建設反対のサイバー
アクションには世界各地から2万名の参加をいただき、辺野古の海を守る活動
は国際的に広がっています。

日本政府は、基地建設のためのボーリング調査を進めようとしてきましたが、
現地の人たちと共にグリーンピースボランティアも参加した海上での阻止行動
によって作業を中断させることに成功してきました。
9月初めには海上に建てられていたボーリング調査用やぐらは撤去。沖縄のそ
して世界の"辺野古の海を守ろう"という声は、着実に建設中止に向けた原動力
となっていったのです。

しかしそんな中、10月26日、日米政府は従来よりも縮小した建設計画で合意し
たことが伝えられました。
この計画は、確かに面積は縮小されましたが、それでもかなり海を埋め立てる
ものであり、周辺海域への土砂の流入や騒音、航空機の事故の危険、漁業への
被害など、辺野古の自然のみならず、人々の暮らしにも多大な影響を及ぼすも
のであることは変わりなく、決して受け入れられるものではありません。

みなさんの声を小泉首相とブッシュ大統領に送って、辺野古の美しい海を守っ
てください。

アクションにはこちらのページからすぐにご参加可能です。
http://www.greenpeace.or.jp/cyberaction/okinawa/action_html
〜〜〜〜〜〜〜ここまで〜〜〜〜〜〜〜〜〜

海の中は潜らないと分かりませんが、貴重な生物の住みかです。
何十年、何百年でようやく育ったサンゴ礁が一瞬のうちに破壊されてしまうのは、
なんとも悲しい。

どーせなら、沖ノ鳥島に基地を作ってくれば良いのに。。。

広告を非表示にする