GAKUMON

人生の漆塗り日記

No.1636:警察に届けなくていい物もあるんだって!

2015年9月7日(月)
【夢を叶える道!】No.1636:警察に届けなくていい物もあるんだって!

f:id:arlo:20150906231233p:plain

落ちているもの、拾ったものは警察へ届ける。
これ当たり前のことですね。

 

とある店舗の責任者またはそれに準ずる者をしていたとき、
律儀に、ボールペン一本とか、
そんな簡単な者ですら届けてる時期もありました。

 

厳密に言ったら、それらも拾得物ですから。
だって、会社が備品としてボールペン買ってたら、
それを持ち帰って私用にしたら、
これもまた厳密に言えば、

 

 

業務上横領

 

 

 

だとか。。。

 

でも、
昨日、この概念が覆されました。

落ちてても、警察に届けなくていい物がありました!

 

 

 

それは、

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

 

 

お金

 

 

 

ではないですよ。

 

 

 

 

 

 

自転車です!

 

 

 

 

 

今日、落ちてた?放置されてた自転車を届けたら、
敷地の管理者がご自分で処分してください、と!

 

もちろん、その前に、
張り紙などして一定期間の猶予を与えてですけど。

 

で、
「ご自分で処分」って言いましたけど、
これを乗ったらダメなんですよね?

 

 

「はい」

 

 

と。

 

 

「スクラップにするとか・・・」

 

 

 

なんか正直者が馬鹿を見るシステムですね。
昔は警察で引き取ってたみたいですけど、
経費削減でしょうかね。

 

 

今回の自転車も、
防犯登録があるんですよ。
持ち主がわかるんですよ。
ただ、持ち主が自ら捨てたか、
盗難届を出していないから?
持ち主に連絡が行くことなく、私が処分することに。。。

 

 

こうやって常識と思われてた前提が崩されると
いろいろ疑いたくなりますね。

 

あの無線での自転車照会の仕方。

 

職務質問のときと、
今回の私のような「めんどくさい案件」のときとでは、
無線での照会の仕方が違うのではないか?
隠語つかったりして。

 

などなどと考えてしまいます。。。。

 

落ちてた場所は聞かれたけども、
通報したりしたときみたいに、
名前や連絡先を聞かれなかった。
こっそり車のナンバーは控えてるかも。

 

こういった身近なところだけでなく、
相場の世界でも、
他の人から見たら常識が、
全く違ったりしますし、
例外のないルールもないです。
のがトレーディングの世界なんですね。

 

こんなところでも、つながってるんだなぁ〜

 

今日も、ありが得益!
「拍手」喝采お願いします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夢を叶える道!公式ブログ
http://ryohei-tanabe.hatenablog.com/
http://gakumonarlo.blog.fc2.com
問い合わせ
ryohei.tanabe@gmail.com