No.1686:相手の気持のわかり方

 
 
2016年7月1日(金)
【夢を叶える道!】No.1686:相手の気持のわかり方
 
先日は、お腹が空いても食べない
ってお話をしましたが、
これ、夜だけは耐え難い。
 
暇なわけじゃないけど、
身体動かさないからかなぁ~なんて思ってます。
 
ブログを書いたり、調べ物したり、チャート見たり。
いわゆるデスクワークですね。
この時の空腹は非常に耐え難い。
お酒があれば別ですけど(笑)
 
さてさて、
 
以前、お世話になっていた会社では、
どの階級でも上司が部下のカウンセリングをする文化がありました。
「どの階級でも」ってのがすごいですね。
 
カウンセリングの技術は色々ありますけど、
でも、結局のところは、その人のこと
 
「よくわからない」
 
のです。
ただ、積極的に話を聞いてあげることで、
ちょっとは理解したような気持ちになれる、
また、相手が話すことによって気が楽になればね、
それはそれでいいのかなと。
 
 
「相手の立場になって考えろ」
 
って日常的に言いますけど、
正直、難しいですよね。
 
私なんて、
原付きに乗れば、多少、車に迷惑かかっても?
というか、自分が多少危険になっても、
スルスル通りぬけしたり、道路の脇をテコテコ走ってます。
 
が、
車に乗れば今度は、
「原付き、あぶねーよ!」
とか思ったり。
信号待ちしてれば、
「また走行中に抜くのが面倒くさいから、通りぬけするなし」
などと思ったりします。
 
車は車でも、
平日は毎日、軽自動車。
休日は、普通車。
またここでも、それぞれの言い分が・・・
 
 
と非常にわがままなわけです。
よく海外の友人は私のことを、
 
ブッダのようだ」
 
とか、
 
ブッダのようにやさしい」
 
なんて言いますが、
これが彼らのブッダの裏の顔です(含笑)
 
 
相手の立場で考えるのって、
わざわざ考えないとでてこないことです。
 
一方、自分の感情は瞬発的に発生します。
 
 
相手のことを100%理解するのは無理ですが、
自分の感情が湧いた時に、
「あっ!」
と気が付き、そこからわざわざ頭を働かせ、
自分の考えうる範囲で考えてみるのがいいですね。
 
そんなことしていくうちに、
色んなパターンの思考が湧いてくることでしょう。
妄想、夢想になりますが、
「正解はわからない」のが正解ですから、
脚本家として楽しみましょう。
 
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夢を叶える道!公式ブログ
問い合わせ
 
尊敬する我、師↓
「氣愛通信」
 
エバーノート新規登録で、Evernote プレミアムをゲット!
 
広告を非表示にする