GAKUMON

人生の漆塗り日記

No.1687:運もあるって

 
2016年7月2日(土)
【夢を叶える道!】No.1687:運もあるって
 
息子が入院したんですね。
ちょっとした皮膚の病気で。
 
怖いもんだ。突然来やがった。
ありえないこと(不安なこと)を過大視しない、
と意識してるんだけども、
今回、突然来たので、不安がる暇すらなかった(笑)
 
 
さて、FXを勉強してる人で、
ゾーン 相場心理学入門
 
って本を読んだことある人も多いと思います。
 
その中で、スポーツの「ゾーン」ってのにも少し触れてます。
今思えば、僕もそんな時あったかな~って。
 
時は中学生。
中学生のソフトテニスの小さな大会です。
どっかの会社の主催だったかな。
その時、サーブが面白いように入りまくったんですね。
今でも忘れません、あの感覚。
 
その辺の中学生だから、
サーブの一発目をしくると、二発目は下から打ったり、
50%くらいの力加減で打ったりするんですね。
 
でも、その時の僕はセカンドでも95%の力で打ってました。
なので、セカンドサーブはサービスエースがやたら多かった(笑)
 
今思うと、あれは何だったんだろうな~。
 
 
きっと、
 
 
「運」
 
 
ですよ。(笑)
 
 
本来のゾーンとかって、
きっとサーブ一つで言えば、
毎日毎日、素振りはもちろん、
サーブを打つのを何万球単位で打ち込まないと、
そこまで達しないと思いますよ。
それもただ打つのではなくて、ちゃんと考え、指導する人もいて。
 
でもあの時のぼくは、
大してサーブの練習もしてなかったし、
理論的に考えもせず、優秀な指導者がいたわけではなかった。
だから、たまたまなのです。
 
その証拠に、
試合ではサーブが決まるものの、
試合以外では、勿体無いから打ちたくなかった(笑)
試合前のウォームとかでは絶対に打たない。
完全にまぐれですね。
 
僕の行動、考え、思考は不思議ちゃんかもしれませんが、
世の中一般に出回ってる不思議系は信じない。
なので、この時神様が降臨したとか微塵も思ったこと無いし。
だから、運。たまたま。
 
投資でも、いくら勉強しても、
「だまし」と言われるものもあるし、
考えてもわからない相場もある。
 
得意のパターン、検証して効果の認められたパターンで勝負が基本であるけども、
「ありえないことはありえない」ので、100%のない世界。
とはいえ、再現性を追求しないといけないのだけども。
 
100%があり得ないんだから、
勝つときも、理論、検証のせいかもあるけど、
当然に、運で勝つ時もある(笑)
 
そんな運も否定しなくてもいいと思うんだな。
息子が入院したのも、運が悪かった。
でも、決して否定的に見るわけでもなければ、ふてくされてるわけでもない。
それはそれで受け入れて、しっかり対策をしようってだけ。
 
 
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夢を叶える道!公式ブログ
問い合わせ
 
尊敬する我、師↓
「氣愛通信」
 
エバーノート新規登録で、Evernote プレミアムをゲット!
 
広告を非表示にする