不動産作家による【人生の漆塗り日記】

不動産もFXも生涯学習。 建築も人生の質(QOL)も地盤、基礎作りから。

0006号:できるだけまっすぐ



ブログ村ランキングにもご協力ください
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ

0006号:できるだけまっすぐ

2017/05/09

 

このメルマガは田辺領平と、

お会いさせていただいた方、

お名刺を交換させていただいた方などを、

登録させていただいてます。

もちろん、

一般の読者様のご登録も大歓迎です。

ご紹介いただければ幸いです。

 

購読解除はこちらから

http://www.mag2.com/m/0001679391.html

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

発行人:田辺領平が日常の生活や、

不動産投資ならびに、FXトレード、

など日常生活の中で、

 

日々刻々と起こる出来事、

または自分自身の心の状態、

周囲の人々の行動の考察などを

 

日々時々刻々とつづっていくものです。

その中から、読者様の日常が

充実、より良いものへなっていく、

 

ちょっとしたお手伝いができればと思います。

それでは宜しくお願い致します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

職場から自宅まで、

くねくね下道があるのですが、

 

そこを私は、

ある意味、まっすぐ歩かないし、

 

ある意味、まっすぐ歩きます。

 

どういうことかというと、

「道なり」という基準で考えた時、

まっすぐ歩きません。

 

「直線」という基準で考えた時、

極力まっすぐ歩くように心がけてます。

 

ようは、最短距離を追求しています。

 

目的地まで、一歩でも、

一秒でも早く、

 

効率的に、無駄なく

到着したいので。

 

これを仕事に置き換えると、

目標を常に意識してないと、

それこそ

 

紆余曲折

 

してしまうことになります。

 

明確に目標を定めておいたとしても、

それでも障害は絶対起こるのですから、

 

目標を定めて、

極力、まっすぐ、早く

到達させようと努力してないと、

 

遠回りに次ぐ、遠回りで、

気がついたら、

 

「どこへ行くんだっけ?」

 

ってことになりかねません。

 

そんなことを常に意識しながら、

ただの通勤も大事にしていかないとですね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー  ◯ 本日の仕上げ ◯

・目標を定めたら、ただでさえ

 試練・障壁は出てくるのですから、

 極力、最短ルートを意識して

 

・時折、むしろしょっちゅう

 地図になる目標を意識してないと、

 どこへ向かって歩いてるのかすら忘れてしまう。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 発行責任者:田辺領平 問合せ:tanabe@gproperty.global 購読解除:http://www.mag2.com/m/0001679391.html

 

広告を非表示にする