不動産作家による【人生の漆塗り日記】

不動産もFXも生涯学習。 建築も人生の質(QOL)も地盤、基礎作りから。

【 人生の漆塗り日記 】 0065号:物語御都合主義



ブログ村ランキングにもご協力ください
にほんブログ村 経営ブログ 零細企業社長へ

【 人生の漆塗り日記 】 0065号:物語御都合主義 2017/07/07 このメルマガは田辺領平と、 お会いさせていただいた方、 お名刺を交換させていただいた方などを、 登録させていただいてます。 もちろん、 一般の読者様のご登録も大歓迎です。 ご紹介いただければ幸いです。 購読解除はこちらから http://www.mag2.com/m/0001679391.html ーーーーーーーーーーーーー 発行人:田辺領平が日常の生活や、 不動産投資ならびに、FXトレード、 など日常生活の中で、 日々刻々と起こる出来事、 または自分自身の心の状態、 周囲の人々の行動の考察などを 日々時々刻々とつづっていくものです。 その中から、読者様の日常が 充実、より良いものへなっていく、 ちょっとしたお手伝いができればと思います。 それでは宜しくお願い致します。 ーーーーーーーーーーーーー 人の矛盾に気がついて、

突っ込みたくなることありませんか?

 

ないですね(笑)

 

もしくは、自分が言ってること、

「あれ?なんか変だぞ?」

 

これもないですね(苦笑)

 

ある物語も、その時その時で、

思ったこと、考えたこと、

楽しみ方が変わる、変わった経験はありませんか?

 

こちらはよく聞く話です。

 

龍馬が行く

 

とか

 

坂の上の雲

 

とかとか。

 

子供の時に読んだけど、

大人になって今で面白い。

当時と違う発見がある。

 

ということはよく聞きます。

 

もちろん成長による知識の増加とか、

色々な経験により、感情が豊かになったとか、

あると思います。

 

ただ、短期的にもあるのですね、

こういうこと。

 

一回め読んだときは気がつかなかったけど、

二回め読んだら・・・・

というのは。

 

つまり、解釈はその時々で変わる。

変えているのは自分自身だということです。

 

「二度あることは三度ある」

 

という言葉を信じ、

二回失敗した後の三回目をチャレンジしないか、

または、

 

「三度目の正直」

 

との思い出、成功へ挑戦するのか。

 

同じ、ことわざという、

ある意味、ストーリーの中で、

何を過大視するかは自分次第。

 

ことわざや、他人のストーリーに矛盾があってもいいのです。

そこから何を自分自身で選ぶかなのです。

ーーーーーーーーーーーーー  ◯ 本日の仕上げ塗り ◯ ・物語を使う営業手法があるように

 自分自身への営業(変化へ向けて行動を促す)

 にも物語が有効であ

 

・その材料(物語)は

 自分が都合よく解釈できる物語であれば、

 なんでもいい。

ーーーーーーーーーーーーー 【 人生の漆塗り日記 】 発行責任者:田辺領平 https://arlosite.wordpress.com/ 問合せ:tanabe@gproperty.global 発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001679391.html

広告を非表示にする